Utilities in OpenFOAM

ここでは、OpenFOAM に付属しているメッシュ設定用のユーティリティについて解説します。

 

見たい項目(青文字)をクリックすると、各ページへ移動します。 

 

Contents

1 surface 関連ツール

1.1   surfaceAdd :2つの表面形状ファイルを1つに
1.2   surfaceCheck :表面形状の詳しい情報を取得
1.3   surfaceConvert :表面形状ファイルを他の形式に変換
1.4   surfaceFeatureConvert :eMesh 形式ファイルを他の形式に変換
1.5   surfaceFeatureExtract :表面形状ファイルから特徴線を抽出
1.6   surfaceFind :形状ファイルの中で指定した点に最も近い点と面を出力
1.7   surfaceInertia :形状の慣性を計算
1.8   surfaceMeshConvert :表面形状ファイルを異なる形式に変換
1.9   surfaceMeshInfo :表面形状ファイルの統計データを出力
1.10 surfaceMeshTriangulate :六面体メッシュを三角形の面で構成される形状ファイルに変換
1.11 surfaceOrient :形状の外部の点を指定することで、法線の方向を変更
1.12 surfacePointMerge :ある一定の距離より近い点同士を統合
1.13 surfaceRefineRedGreen :メッシュの細分化を行う
1.14 surfaceSplitByPatch :表面形状ファイルをパッチごとにファイル分割
1.15 surfaceSubset :表面形状ファイルの特定の部分を抽出し、別ファイルに書き込む
1.16 surfaceTransformPoints :形状に対して拡大、縮小、回転を行なって別ファイルに出力
1.17 surfaceMeshImport :任意の表面形状ファイルをsurfMeshとしてケースにインポート
1.18 surfaceMeshExport :ケース内にsurfMesh形式で保存されている形状を任意の形式で出力
1.19 surfaceToPatch :表面形状ファイルを元にメッシュのパッチを設定

 

2 mesh 操作ツール mesh manipulation

2.1   createPatch :パッチやフェイスセットから境界面を作成
2.2   rotateMesh :メッシュやフィールドを回転
2.3   setSet :任意のセルや面をまとめたセットを対話的に作成
2.4   setsToZones :セルや面をまとめたセットからゾーンを作成
2.5   topoSet :ディクショナリファイルを元にセットを作成
2.6   transformPoints :メッシュに対して拡大、縮小、回転の操作を行う

 

 

※こちらに掲載しているユーティリティが、OpenFOAMに付属する全てのユーティリティと言う分けではありません。

※使用するOpenFOAMのバージョンによって、掲載しているユーティリティが無い場合もございます。