surfaceMeshImport

1.17 surfaceMeshImport

 

1.17.1 surfaceMeshImport コマンドとは

surfaceMeshImportコマンドとは、任意の表面形状ファイルをsurfMeshとしてケースにインポートするユーティリティです。

例として、flange.stlをインポートしてみます。

ケースディレクトリ内で、flange.stlがある状態で以下のコマンドを実行することでインポートすることができます。

 

    $ surfaceMeshImport flange.stl  

 

上記のコマンドを実行すると、ケースディレクトリのconstantの中に/surfaces/default/surfMeshディレクトリが作られ、

surfMeshディレクトリの中に形状データが作成されます。

 

 

1.17.2 コマンドラインオプション

surfaceMeshImportコマンドを実行するには、1つの引数が必要となります。

引数でインポートするファイル名を指定します。

 

    $ surfaceMeshImport [OPTIONS] <inputFile>  

 

オプションとしては、以下があります。

-case <dir> ケースディレクトリを指定します。デフォルトでは現在いるディレクトリです。
-clean 形状をチェック/クリーンアップしてから、取り込みます。
-dict <file> controlDictファイルを指定します。
-from <coordinateSystem> ファイルを読み込む際の座標軸を指定します。
-name <name> 出力時の名前を指定します。デフォルトではdefaultになります。
-noFunctionObjects functionObjects を実行しないようにします。
-scaleIn <factor> 入力時のスケールを指定します。デフォルトは1
-scaleOut <factor> 出力時のスケールを指定します。デフォルトは1
-to <coordinateSystem> 出力時の座標軸を指定します。
-srcDoc ブラウザを用いてソースコードを表示します。
-doc プラウザを用いてドキュメントを表示します。
-help ヘルプを表示します。

 

インポートできるファイル形式は以下となります。

ac bdf ftr gts inp nas obj
off ofs stl stlb tri vtk